MTB音楽教室のドラム講師の松野です。

今回は、ワンマンライブのお話。

フェスとか、ブッキングライブとは、大分違うと思う。
他に、出演者がいません。
そして、決まった時間を責任持って、やり切って、次の出演者に、バトンタッチして行って、1夜のライブを盛り上げる!

が、ワンマンライブは、それを1アーティストだったり、1バンドが、1夜のライブを盛り上げる!
かなり大変な事だと思いますね。

単純に、ブッキングライブを3回か4回分を一気にやる様なもんです。。

ワンマンライブは、基本的に、ミュージシャンのスケジュールが、合えば、7割成功だと思います。(個人的意見)
あとは、本番のセットリスト、演出、構成、などをリハーサルで、確認取れたら、10割成功に近づくと!!

中々の、ハードワークを強いられますが、お客様の笑顔を想像しながら、日々準備して、ステージに上がる様に心がけてますねー。

自分のワンマンライブもいろいろ、プレッシャーだけど、ソロアーティストのバッグバンドで、入る時は、ハイプレッシャー、、。

だけど、楽しいし、達成感もある。ので、準備しまーす。

終わり