「ネタがないので…」広瀬先生
 
こんにちは。ドラム講師の広瀬です。
どうやらブログのネタはシリーズ化した方がいいとの事ですので、僕は何がシリーズ化出来るかな…と考えたところ
プロ野球でした。
 
というわけで、記念すべきボリューム1です。
 
プロ野球黎明期には、アンタッチャブルレコードと呼ばれる、今では決して破られる事のない記録が数多くあります。
投手のシーズン勝利数の記録で42勝というのがありまして、これを成し遂げた選手はヴィクトル・スタルヒン。(稲尾和久も同じ勝ち星をあげています)
戦前巨人で活躍し、戦争中は須田博という日本名に改名していました。
 
さて、そんなシーズン日本記録42勝ですが、実は一時期、スタルヒンは40勝とされていた時期があります。
戦後の記録見直しで、スタルヒンに勝利がつかない試合が2試合見つかったからですが、先述の稲尾氏が42勝を達成した際、昔の記録員の意思や行動を尊重すべきだとされた為、今現在では42勝に戻され、同数の日本記録となっています。
 
そういう、ルールに縛られない、義理と人情っていいですよね〜…
僕らミュージシャンは、そういう部分を物凄く大切にしています。
ルールやマナーは大事ですが、人と人ですから、日頃の感謝を忘れずに年を越したいもんです。
 
良いお年を!