こんにちは!
MTB音楽教師 ドラムの阿部実です。

『治りかけが一番うつりやすいからねー』
この理論、

一番嫌いです。
風邪の仕組みを理解せずに、なんとなく聞いたことがあるようなフレーズをそのまま鵜呑みにしているからです。

まず、風邪が一番うつりやすいのは、ゲホゲホハクション真っ最中の時です。
普通に考えれば、咳やクシャミでウィルスが飛ぶので当然です。
では何故『治りかけがうつりやすい』と言われるのか。
それは、風邪をひいて看病した場合、看病した方に風邪がうつってしまうというのは良く聞きますよね。
風邪、病気には潜伏期間というものがあり、
前の人がゲホゲホ言っている時に実は感染していて、前の人が治りかけた頃合いに看病してた人が発症するので、タイミング的に『治りかけの時期にうつる』という状態です。
もちろん、治りかけの時にもウィルスは撒き散らしているので全くうつらないというわけではありませんが、治りかけがうつりやすいわけではないのです。

音楽に対しても、色々な偽情報が出回っているので、しっかりも真偽を確かめて活用しましょう!(誰目線w)