こんにちは!
MTB音楽教師 ドラムの阿部実です。

教室には実に幅広い年齢の生徒さんがいます。
今回は、小学生以下のお子様の言葉使いについて、僕の個人的考えを書こうと思います。

お子様のレッスンでは、親御さんが送り迎えをされる事が多く、子供が先生に対して

『ねぇねぇ、これって◯◯なのー??』と話したりすると、『こら、◯◯ですか?でしょ。』と親が正す場面が多いです。

これはあくまでも僕個人のレッスン経験による判断ですが、
【小学生までは、タメ口OK】だと思います!

もちろん、レッスン始まりの「お願いします。」と「ありがとうございました」はしっかりと敬語で言わせますが、レッスン中でのやりとりは、基本タメ口の方が先生と生徒の距離も近くなり、レッスンが円滑に進む事が多いです。

誤解の無いように付け加えますが、
この時先生は子供に舐められてはいけません。
ふざけてレッスンに支障をきたす場合、機材関係で怪我をする可能性がある場合、気分的にやりたく無いからグズる場合はしっかりと叱りますし、レッスンの主導権は僕がしっかりと握ります。

中学生になれば、先輩後輩の関係性も増えていくので敬語は必須(というか自動的に覚える)なので、あまり気にしないようにしています。

ちなみに、もうすでに敬語が出来てしまっている生徒さんに対しては、特に指導はせずにそのまま敬語を使ってもらいますが、
【経験上、敬語の出来とドラムの腕は関係しません。】