春らしい陽気になって参りました。
春になればなったで、体調を崩す、、もう、自分の恒例行事になってきました。
年始と春と夏から秋に変わる瞬間と冬…。と、、まぁ良しとして。

今回は、スティックのお話し。
皆様は、ドラムを演奏する時、大体の方が、スティックを使うと思います。

リハーサルスタジオに行くと、スティックの墓場(ゴミ箱だったりする)に
無残にも、捨てられてる現場を目の当たりにする事があります。

スティックも、木材を使って作られてます。大事な資源ですね。大切に使いましょう。

1.2回しか使ってないのに、スティックの先っぽだけ折れる!
なぜでしょうか??

大体は、ハイハットを打ってる時だと思います。あとは、打ち所が悪かったか、、

ハイハットの音量は、出てない上、力みは、MAXな上、どんどんテンポは、遅くなる上、右腕は、悲鳴を上げる事でしょうm(_ _)m

どうせならスティックの真ん中から、一気にへし折ってあげましょう。

中途半端に、折ってしまうと、使える所は、いっぱいあるのにー。と、可哀想な事を考えしまいます。

なので、スティックの真ん中よりちょっと上(グリップエンドから3分の2位)
で、打ってみましょう。
ハイハットの音色が変わると思いますよ。
是非、お試しを。