『失敗』について

こんにちは!MTBドラム講師の広瀬です!
2月からこちらでお世話になり、僕自身初めての記事になります。
それなのに関わらず、いきなり『失敗』についてお話したいと思います。笑

何事も取り組むにあたってつきまとう『失敗』ですが、多くの先人が失敗からどう学ぶのかというような言葉を遺していらっしゃいます。
これらの言葉は、失敗したらそこからどう学ぶかにフォーカスされがちですが、

前提として『失敗はするもんだ』という事でもあるんですね。
偉人でも失敗するし、いくら準備してもやらかす時はやらかす。だからこそ何か挑戦する時は、全力で臨んで頂きたいです。失敗したら仕方ない。しないように努力は必要だけど、失敗を恐れて行動しないのは、非常にもったいないと思うんです。

ちなみに僕自身の人生最初の大きな失敗は、小学生の時、演劇のセリフをすっ飛ばした事。
劇も終盤。スポットライトを浴びて僕1人のセリフ。ここで見事にセリフが飛びまして、どう乗り切ったのか覚えていません。笑
それがあって人前に出る事がめちゃくちゃに怖くなった僕が、今人前で演奏する仕事をしてるわけですから、人生とは不思議なモノです。笑

さて話戻して、
生徒の方々がたくさん練習して下さって、いざレッスンで実践する時に大なり小なり失敗した時、もの凄く悔しい表情をされていらっしゃいます。
「何で出来ないんだ!」と感じると思うんですが、全然OKです!教室はそういう場ですから。
失敗を経験しながら成功体験を作って、一緒に音楽ライフを楽しんで充実させましょう!