楽器(パート)と性格の関係性を考える 〜その4〜

こんにちは。
MTB音楽教室ドラム講師の阿部実です。

前回に引き続き、楽器と性格の傾向についてお話ししたいと思います。
あくまでも個人的感想なので、あるあるネタとして楽しく読んでくださいね。
今回は
〜ドラマーの性格〜
について考えてみましょう。

ドラムを選ぶ人は2タイプに分かれます。

まずは、
「本能のままに叩いたい野生児タイプ」
ギターみたいにチマチマ弾くのは性に合わない!
俺は太鼓をぶっ叩くぜ!!
という性格の人ですね。
キャラクターとしてはボーカルタイプに近いです。

ドラムは楽器の特性上、演奏時には他のパートを引っ張る必要があるので、思い切りの良い演奏をする事はとても大事な事です。
ただ、目立ちたいが故に主役のボーカルやギターの邪魔をしてしまうことの無いようにしましょう。
あくまでもドラムは脇役なのですから・・・。
もう一つは、
「一人遊びが楽しいネクラタイプ」
ずっと同じ事の繰り返しをしてても飽きずにいられる。一人で練習するのが楽しい。華があって人気のあるギターよりも後ろで地味に演奏するドラムを選ぶ。そしてそんな自分が嫌いではない。
という性格の人。(僕がこのタイプです。笑)
キャラクターとしては、同じ職人タイプであるベーシストと似ています。

このタイプの良い所は、『目立つのが苦手』という性格が幸いし、演奏の一部となってボーカルを引き立たせることが得意です。
逆に、ドラムが目立たなければいけない時(メンバー紹介やドラムソロ)に、『い、いやぁ俺なんか、、、』と半端な演奏になってしまいがちです。
やるとなったら腹を決めて思い切り演奏しましょう。
とりあえずバンド編成でよくある4パートについてお話ししました。
これから楽器を始めようとする方に参考になれば幸いです。

次回はこれらを踏まえたバンドあるあるをお話ししようと思います。