⭐️楽器(パート)と性格の関係性を考える 〜その2〜

こんにちは。
MTB音楽教室ドラム講師の阿部実です。

前回に引き続き、楽器と性格の傾向についてお話ししたいと思います。
あくまでも個人的感想なので、あるあるネタとして楽しく読んでくださいね。

今回は
〜ギタリストの性格〜
について考えてみましょう。

周りのギタリストの友達を思い浮かべながら読んでみてください。

バンドの中ではギターは目立ちます。
派手なソロやカッコ良い刻み等、お客さんからしたらボーカルの次に聞こえてくるパートなので、
どちらかといえばボーカリストよりな性格(目立ちたがり屋)な方が向いているでしょう。

もちろん、目立つのは苦手だけど単純にギターを弾く事にハマってしまって楽しくてしょうがない!!
という人もいると思いますが、ライブをするときに「いや、、、僕なんかそんな目立たなくていいんです・・・。」なーんて恥ずかしがっていてはダメなので、そこは割り切って無理やりにでも派手に演奏しちゃいましょう。笑

ちなみに高校生バンドとかでは、ボーカルの次にワガママ言うのがこのギターの人です。笑
ドラムの生徒さんから、学校で組んでいるバンドの悩みを聞くと、大抵ボーカルかギターのワガママです。笑

では今日はこの辺で、、、
次回はまた別のパートについてお話ししようとおもいます。